技術

『友進道路』は情報化施工技術を導入し、更なる生産性と品質の向上を実現します。

情報化施工は、建設事業の調査、設計、施工、監督・検査、維持管理という建設生産プロセスのうち「施工」に注目して、I C T の活用により各プロセスから得られる電子情報を活用して高効率・高精度な施工を実現し、さらに施工で得られる電子情報を他のプロセスに活用することによって、建設生産プロセス全体における生産性の向上や品質の確保を図ることを目的としたシステムです。

すべては安全と信頼のために

技術

弊社ではマシンコントロール(MC)技術に対応した自社機械を多く導入しています。

マシンコントロール(MC)技術

マシンコントロール技術

TSやGNSSにより機械の位置を取得し、施工箇所の設計データと現地盤データとの差分に基づき、排土板の高さ・勾配を自動制御する技術です。

TSによる出来形管理技術

TSによる出来高管理技術

設計データを搭載したTSを用いて出来高計測を行い、自動で設計データと出来高データとの差分を算出します。
また、自動で出来高管理帳票も作成できます。

TS/GNSSによる締固め管理技術

TS/GNSSによる締固め管理技術

TSやGNSSにより締固め機械の位置を取得し、走行軌跡や締固め回数をリアルタイムに運転席モニタへ提供します。