友進では道路工事、舗装工事、河川工事の他
治山工事や水道工事など色々な工種を手掛けてきました

その他にも色々な工種があるのですが
今回は会社のブログでも何度か紹介しました
美濃加茂市発注の耐震補強工事(‘◇’)ゞ

後半ではこの工事を担当してくれた入社5年目の
Tくんにインタビューもしてみました!!

この工事は陸橋の脚となる橋脚と呼ばれる部分を
コンクリートで補強し耐震強度を上げるという工事でした


こちらが工事前に撮影された写真です

特にこれと言って頼りない印象は感じませんが

この橋脚をコンクリートで補強しました(‘ω’)ノ

この工事がどの様な工事だったのか

詳しくは過去の記事を読んでみてください( *´艸`)

橋脚の耐震補強工事ということで

なかなか大変な工事になったかなと思いますが


この工事を担当してくれたTくんに色々と聞いてみましょう(‘◇’)ゞ




最近お父さんになったTくん、まずはおめでとうございます!
そんなT君は入社して気付けばもう5年目になる訳ですが
これまでを振り返って何か思った事などありますか?

 

毎日勉強、日々勉強、この言葉を大切にしてます
現場ごとに施工内容、方法様々あるのでその現場ごとで勉強になることばかりです
5年目ですが、日々勉強という気持ちを忘れず、経験値を上げていければいいと思います
そして、わからないことは気軽に聞けるという点も、日々勉強が続けれる1つだと思います
もちろん、日々勉強は行き詰ってしまいますが、聞ける環境もあるという点はすごく助かりました
今度は聞かれる側になりつつあるので、不安もありますが教えてもらったこと
経験して学んできたことは教えていきたいと思います
社員旅行は沖縄に行きました。パラセーリングをする予定が風が強いため
急遽ウォータースポーツへ変更しましたが、首が飛んでくかと思うぐらい激しかったです

 

日々勉強、これは先月にブログでも紹介した俺がつくった!シリーズの
道路新設工事を担当してくれたKさんが見学に来てくれた学生に話していたことです
成長するためにはとても大切なことですね!素晴らしいです!
沖縄旅行のウォータースポーツは僕もよく覚えてますwあれは凄かったですw
さて、そんな沖縄で首を吹っ飛ばしそうだったTくんが以前頑張ってくれた耐震補強工事
あの工事の思い出なんかあったりしますか?


耐震補強と聞いて、すごく難しそうだなと思いました
ですが、こんな現場なかなか経験できないので少し楽しみな部分もありました
いろんな協力会社さんに教えてもらい橋が補強されていく過程を見ながらできたのは
ほんとによかったです



なかなか難しい工事だったと思いますが、経験者の方々に教えてもらいながら
とても良い経験が出来たんじゃないでしょうか(‘ω’)ノ
ちなみにこの工事で一番大変だったことはなんですか?


写真管理の中で鉄筋の出来形写真、あとは打設方法や架空線などの
障害物が多い場所だったので、打設時のポンプや鉄筋建込みのラフターの配置など
協力会社さんとの検討打合せが大変でした
でも先輩や協力会社さんのアドバイスをもとに乗り越えることができました


現場の状況によっては大型重機や車両の配置が難しかったりしますね
この現場も橋の高さが低いことで地面を掘ったりコンクリートの打設をする時など
色々と悩むことが多かったと思います(;´Д`)
ではこの現場を終えて感じたことはありますか?



この工事の最後はガードレールの復旧が最後でした
最後の終わりましたと協力会社さんから言われたとき
検査も終わってないんですがホっとしました
そして完成検査を終えていろんな経験を積ましてもらえた現場だなと思いました
良い点もあれば悪い点にも気づけたし、次の現場で応用できることは気を付けながら施工しようなど
色々な学びを得られた現場でした


それでは最後に就職活動中の学生さんに一言お願いします!


この業界は専門分野の学校出てないと難しいですか?
等とよく質問されますが、僕はそんなことないと思います
その人がどう学んでいきたいか、入社してこんな風になりたい
という目標とやる気があれば大丈夫だと思います
僕は普通科高校卒業して大学行って、知識、経験がない状態で入社しました
最初は手探り状態かと思いましたが、わからないことは聞いて、聞いたことを生かしていきました
経験値レベル0からスタートして日々上昇してます


Tくんありがとうございました!!
俺がつくった!シリーズNo.1文字数で答えてくれたTくんでしたが
実際に話してみるとブラックジョークが飛び出したりと
真面目ながらもユーモアもあるTくんはお父さんになりましたし
仕事もプライベートも日々成長を続けています
これからもTくんの成長が楽しみです( *´艸`)



今回のTくんへのインタビューにもあったように

友進では入社数年目の若手を育成するための経験値づくりとして

市町村工事や維持工事などの工事を担当してもらっています


もちろんTくんの様に先輩指導のもとで

現場管理を学ぶことができます(‘ω’)ノ



施工管理の仕事は経験と知識を基に成長し

個人としての価値を高めていく仕事でもあると思いますので

「手に職」とは正にこの事です

 

あなたも友進で「手に職」付けませんか(‘◇’)ゞ?

 




友進で「ずっと残る大きな仕事」をしよう!

安定性も成長性も高い建設業ってどんな仕事?

以外と知らない建設業について詳しく知れる説明会を開催中!!

自分の仕事が形となりずっと残り、地域を支え続ける

誰にでも自慢できる、自慢したくなる仕事です(‘◇’)ゞ

興味有る人は是非!興味ない人は業界研究の為に是非!!

会社説明会、見学にお越しください!!

2022年新卒の方

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: MYNAVI_OFFICIAL_mynavi2022.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: banner_logo2022.png

会社説明会へのエントリーはいずれかの説明会予定からエントリー

もしくは直接担当までご連絡ください

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sinsotsu_mail_bnr.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sinsotsu_line_bnr.png
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: sekoukanrittebana.jpg

新卒採用ページへ

転職希望の方

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: mid_bnr.png

上記の画像をクリックした先の一番したにある

お問合せフォームからお気軽にご連絡ください!!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: uturnbnr.jpg

友進ではこれまでに色んな工事を通して

様々なものをつくってきましたが


川沿いに地域の人が集う憩いの公園もつくったことがあるんです(‘ω’)ノ

この工事は竹やら木が生い茂る藪を開いて

そこに公園をつくるというものでした



何もないところから何かをつくり

それがずっと残っていくというやりがいのある

誰かに自慢したくなる仕事ですね( *´艸`)

これは伐採が終わりある程度整地が終わった所ですね

まだこれでは公園というよりただの空き地という感じです


ちなみに友進のinstgrmでも紹介した

あのやたらカッコいい名前の機械が登場したのもこの現場

ハンマーナイフです(‘ω’)ノ

搭乗型の草刈り機ですが、名前の通り凄い力です!!


このハンマーナイフの活躍の後に

整地作業やら何やら様々な作業が進められていくのですが

この様に石を積み上げて階段をつくったり

インターロッキングブロックと呼ばれるブロックを並べたりと

どんどん素敵な公園が出来上がっていく様子は見ていてとても楽しかったです!!

そうして色々な作業が行われ完成した公園がこちら(‘ω’)ノ

川向から撮影した写真ですが、積み上げられた石が綺麗で

とてもスタイリッシュな公園が完成しました!!


この時はまだ芝生も茶色くなっていますが

しばらくして暖かくなってくると芝生も青々として

とても綺麗な公園になりました

この頃には近隣にお住まいの方々が子供を連れて来ていて

散歩をしたり川を眺めたり、青空の下お弁当を食べていたりと

憩いの場として活用されていました(´ω`)


それではこの工事を担当してくれていた

Tお兄さんに話を聞いてみましょう(‘ω’)ノ



さてTお兄さん、公園工事も色々大変なことがあったと思いますが
どんなことが大変でしたか?


この工事は岐阜大学の先生が公園のコンセプト・レイアウトを考えました。
そのイメージを形にするため、幾度と丁張をかけたり、大学の先生に
現場まで足を運んでいただき、形状の打ち合わせ・修正等を何回もおこないましたが
来るたび、形状の修正があったので大変でした。
施工では石積みの材料となる石が先生の気に入ったものを使用したのですが、
地山から積み込んで運んでくるもので、石の形が揃っておらず、
石工さんたちも四苦八苦して積んでいました。


修正が繰り返されると目印となる丁張のかけ直しや段取りの変更など
色々と大変なことがでてきますね。先生も良い公園をつくるのに一生懸命だったんですね!
あの素敵な石積も1つ1つが考えられて積み上げられていると思うと凄いことですよね(゚Д゚;)
それではこの工事で楽しかったことってありますか?


この公園のコンセプトは大学の先生いわく
「遊具を置かず川と公園の形状で遊んでもらう」というものだそうです
公園でどんな風に自分の子供が遊ぶか想像しながら工事を進めるのが楽しかったです


いいですねぇ( *´艸`)
子煩悩なTお兄さんにはうってつけの工事だったかもしれませんね(‘ω’)ノ
ではこの工事が完成した時に感じたことや思ったことは何ですか?


工事完成後は公園の芝も茶色く植樹した木も葉が落ちて
何か殺風景な感じがしましたが、新緑の頃ふいにどうなったかな~と思って
子供と見に行った時、芝・植樹の緑と石積み・インターロッキングの色合いがよく
その中で、石積みの段差をジャンプしてみたり、ひたすらに上下流を走り回ったり
川辺で平たい石見つけて水切りしている子供の姿をみて
あぁ~!!、公園ができたんだなとおもいました


なんて素敵な話なんでしょう(*´Д`)
僕の方がニヤニヤしてきちゃいましたw
そんなホクホクした気分でこんな事聞くのもアレですが
施工管理という仕事で大変だと思うことはなんですか?


この工事は河川での工事なので、出水の少ない冬期の作業となりました
なので、コンクリート打設後の養生や舗装の温度管理を注意して作業を行いました



ではTお兄さんが何十年も続けている施工管理という仕事の魅力とは?



現場の第一線で構造物を造るというポジションでは無いですが
一つの大きなものを造り上げるための、測量・丁張や技術的問題の解決
各法令の遵守など現場で構造物が出来上がるための準備する係だと思います
その中で、現場で起こる問題点を一つづつ解決し、無事施工が出来て
最後一つの工事が終わったとき、みんなで造ったものが誰かに喜んでもらえる
誰かが快適に利用できる、誰かの役に立っていると、思ったとき。
やってきて良かったなぁと思います。



それでは就職活動中の学生さんへ一言お願いします!



この仕事の良いところは、出来たとき目に見えて物がある所です。
(そうでない工事もありますが、誰かの役には立っているはずです)
達成感を感じたい方にはお勧めです。


Tお兄さんありがとうございました!!
普段はユーモアのある面白いお兄さんですが、インタビューとなると
もの凄く真剣に答えてくれるメリハリの真面目なお兄さんでした(‘ω’)ノ



ちなみにこの現場は過去にもブログで紹介していて

T兄さんが「あるもの」を発見してビックリした現場です

まさか現場から見えるとは思わず驚きましたw


さてさて、公園といえば友進では他にも

ぎふ清流里山公園の工事を請負い施工をしています

過去にはぎふ清流里山公園の工事で優良工事表彰を受賞したこともあります(‘ω’)ノ

 

2021年6月現在も工事は行われていて

ぎふ清流里山公園の奥の方にある動物ふれあい広場の整備をしています


完成を楽しみにしていてくださいね( *´艸`)


ぎふ清流里山公園の動物ふれあい広場に現れたヤギ使いのモーリーさん




友進で「ずっと残る大きな仕事」をしよう!

安定性も成長性も高い建設業ってどんな仕事?

以外と知らない建設業について詳しく知れる説明会を開催中!!

自分の仕事が形となりずっと残り、地域を支え続ける

誰にでも自慢できる、自慢したくなる仕事です(‘◇’)ゞ

興味有る人は是非!興味ない人は業界研究の為に是非!!

会社説明会、見学にお越しください!!

2022年新卒の方

会社説明会へのエントリーはいずれかの説明会予定からエントリー

もしくは直接担当までご連絡ください

新卒採用ページへ

転職希望の方

上記の画像をクリックした先の一番したにある

お問合せフォームからお気軽にご連絡ください!!

いつも友進なぅ。をご愛読いただきありがとうございます!!

友進の僕です(‘ω’)ノ


既にお気づきの方も多いとは思いますが

今年度から僕だけでなく「私」が登場して

一緒にブログの更新を行っています


若い女性の視点で見た建設業や友進のことなど

僕とは違った視点で記事を更新してくれているので

「私」の記事も楽しみにしていてくださいね(‘ω’)ノ




ぎふ清流里山公園のふれあい広場工事とヤギ使いのモーリーさん

友進では現在、美濃加茂市山之上町にある

ぎふ清流里山公園にて工事を行っております(‘◇’)ゞ


ぎふ清流里山公園は陶芸やそば打ちなど様々な体験ができたり

中京最長の333mジップラインと最大高さ9mのエアリアルなど

大人から子供まで幅広く楽しむことができる公園です(‘ω’)ノ

 


その他ぎふ清流里山公園には「里山ふれあい牧場」という

動物へのエサやり体験や乗馬体験などの触れ合いできる牧場があるのですが


友進は現在、この里山ふれあい牧場にて工事を行っています(‘ω’)ノ


今はヤギが放牧されているエリアにて

動物用の水飲み場をつくっているところです

この工事を担当してくれているのは

以前にブログでも紹介しているフードファイターの2人

モーリーさんとザッキーペアです
 

あっ晴れの二郎祭!ばか盛りに挑戦!!


この現場では当然ヤギがいるので

ヤギの安全にも気を使いながら作業を行っていますが

基本的にヤギはあまり近くに寄ってきません


ちょっと離れた所でこっちを見ているか

草を食べたりしています

この時はこんな感じで喧嘩?をしていました(゚Д゚;)


なので基本的にはヤギが離れた場所にいるので

ヤギが危険な場所に立ち入ることも無く

作業を妨害されることも無いのです







・・・がっ!!


モーリーさんが施工状況の写真を撮影しに行くと

もの凄い勢いで群がっていますw

この日はヤギの気分が良かったのか?と思いきや

ザッキーを見るとヤギは逃げて行きます


モーリーさんだけにヤギが集まってきていますw


それもただ集まっているだけではなく

モーリーさんにすり寄ったりと懐いています

見てくださいこの懐きっぷりw

モーリーさんは施工状況の写真を撮りたいだけなのですが


モーリーさんが柵の中に入ったのを見るや否や

離れた場所で草を食べていたヤギたちが集まってきて

こんな状態になってしまいましたw


ぎふ清流里山公園のふれあい広場へ行くと

もしかしたらヤギ使いのモーリーさんに会えるかもしれません( *´艸`)


7月末には工事が終わっている予定なので

是非、ぎふ清流里山公園のふれあい広場へお越しくださいね!

それではまたっ!!




友進で「ずっと残る大きな仕事」をしよう!

安定性も成長性も高い建設業ってどんな仕事?

以外と知らない建設業について詳しく知れる説明会を開催中!!

自分の仕事が形となりずっと残り、地域を支え続ける

誰にでも自慢できる、自慢したくなる仕事です(‘◇’)ゞ

興味有る人は是非!興味ない人は業界研究の為に是非!!

会社説明会、見学にお越しください!!

2022年新卒の方

会社説明会へのエントリーはいずれかの説明会予定からエントリー

もしくは直接担当までご連絡ください

新卒採用ページへ

転職希望の方

上記の画像をクリックした先の一番したにある

お問合せフォームからお気軽にご連絡ください!!

道路工事は大きく分けて3種類に分類されます

・道路維持修繕工事

・道路改良工事

・道路新設工事

 

今この中で多いのが維持修繕工事や道路改良工事といった

既にある道路を維持したりより良い道路にしたりと

改善を目的とした工事です

 

道路を1からつくる道路新設工事は多くはありませんが

何もない所から道路をつくるという、正に

 

「地図を変える仕事」です

 

今回は山を切り開き道路をつくった

道路新設工事のお話です(‘◇’)ゞ

 

 

この工事は何もないところから道をつくる

国が発注して八百津町の山で行われた道路新設工事です

 

山を切り開いて道をつくっていく訳なので

削って運ぶ土の量はとてつも無い量になると思いますが

工事が始まったばかりの頃はこんな感じでした

伐採されていますが、道はありませんね

せっかくなのでほぼ同じ位置から撮影された写真で

この現場の変化していく様子を見てみましょう

 

次の写真の車が止まっている左側にある

削られた斜面の高さと、奥の方に注目してみると

 

山が削られ道が出来ていく様子がよくわかるかと思います

如何でしたでしょうか(*´ω`*)?

 

最初に車があった高さがずいぶん高い位置になって

奥の方へと道が続きました、物凄い変貌を遂げましたね(;´∀`)

 

同じ角度から撮影していませんが

最終的にはこんな感じになりました

 

さて、それではお待ちかね!!

この工事を担当してくれたKさんに色々聞いてみましょう!!

 

 

 

国土交通省の工事ということで規模も大きく
大変な工事だったと思いますが、この工事で大変だった事は何ですか?

土の移動が50,00m3以上あり、土の質によって
土の量が大きく変わってしまうので、土量の調整が大変でした。

 

50,000m3ですか。。。多すぎてイメージできませんね(;´Д`)
ではこの工事をやっていく中で、楽しかったことってありますか?

楽しかったこと?・・・楽しかったこと???
現場事務所裏手にあったお店ですごい大盛の「天ぷら定食」を食べきったことかな?

 

写真で見ましたけどあの量はかなりのものですねw
是非今度、フードファイター2人とバカ盛りにチャレンジして下さい!(※参考)
では工事が完成して感じたことや思ったことはありますか?

正直、終わったという安心感が強かったですね。
山を切り開いたという事で完成した時は感動しました。
一緒に頑張ってもらった同僚、下請けさんに感謝しかありません。

 

50,000m3もの土を動かして切り開いた道ですもんね!
僕も現場を見に行った時にビックリしました(;´∀`)
それではKさん!いきなりですが施工管理の大変なことはなんですか?

日々天候により現場状況が変わってきます。
1か月先を見越して計画する事が大変ですね。

 

現場のスケジュール管理は大変そうですね(;´Д`)
時期によっては天気予報とにらめっこが続きそうです。
では施工管理という仕事の魅力ってなんですか?

上記で述べたように先を見越して計画して
その通り実施できた時はしてやったりと笑みを浮かべました。
経験をつんでいくと自分で現場を計画を立てるので
責任感は重くのしかかってきますが
達成感は他の業種と比べ物になりません!

「計画通り( *´艸`)」とニヤニヤしているKさんが思い浮かびますw
確かに将来的にはKさんの様に自分で計画を立てて工事を管理するので
責任感は大きな仕事ですが、後世に残る偉大な仕事ですよね!
それでは最後に就職活動中の学生さんへ一言お願いします!

近年の建設業はICT導入で10年前と比べると
現場の状況、管理方法がかなり変わってきたと思います。
また「モノ」を作ることに関しては他の業界とは規模の違った
「大きなモノ」を作ることが出来ます。
昔からよく言いましたが、現場は「生きています。」
同じ工事は全くありません。
共に学び、共に進みましょう。(友進とかけました………)

Kさんありがとうございました!!
いつも家庭内での自虐ネタで笑わせてくれるKさんですが
ME(社会基盤メンテナンスエキスパート)の認定を受けている
とてつもなく凄い人なんです!!
そんなKさんでも、まだまだ学び成長する意志!!見習わなきゃですね(;´∀`)

 

この工事は最後の写真を見てわかるように

まだまだ今後も舗装等の工事が行われていきます

 

最終的にはこちら側の山から向こう側への橋がつくられ

道路が開通することになっていますが

まだまだ何年も先の話です

 

何年も複数の企業がこの道路をつくり繋いでいく

 

なんと素敵なんでしょう( *´艸`)

「未来に繋ぐ新しい道」ロマンを感じますね!!

 

道路が開通したら、あの時あんな事があった

あそこはこうだったなんて話ながらドライブするのもまた

今後の大きな楽しみになりそうですね(*´ω`*)

最終地点の写真です

 

 

 

友進で「ずっと残る大きな仕事」をしよう!

安定性も成長性も高い建設業ってどんな仕事?

以外と知らない建設業について詳しく知れる説明会を開催中!!

 

自分の仕事が形となりずっと残り、地域を支え続ける

誰にでも自慢できる、自慢したくなる仕事です(‘◇’)ゞ

興味有る人は是非!興味ない人は業界研究の為に是非!!

 

会社説明会、見学にお越しください!!

 

2022年新卒の方

会社説明会へのエントリーはいずれかの説明会予定からエントリー

もしくは直接担当までご連絡ください

新卒採用ページへ

 

転職希望の方

上記の画像をクリックした先の一番したにある

お問合せフォームからお気軽にご連絡ください!!

 

 

友進はこれまで色々な工事に携わってきました

色々な工事があってどれも印象深い工事ばかりでしたが

 

僕が個人的に印象に残っているのがこの「治山工事」です

 

治山工事は友進のカリスマ部長が担当し

全行程でおよそ1年半かけて完成させました

 

この工事は土砂災害の被害に遭ってしまった山を

二度と崩れないように治すための工事でした

 

なので工事前の状態はなかなかひどいものでした(;´Д`)

これは現場の一部ですが、どこもこんな感じで崩れていました

 

この現場では山の急な斜面の資材運搬などで活躍する

モノレールも登場して活躍していました

これはなかなか男心をくすぐる何かがありました(*´ω`*)

 

こうしたモノレールの登場の他にも色々ありまして

ニホンカモシカの登場なんかもありましたw

この工事の見所としては何といっても堰堤です(‘ω’)ノ

砂防堰堤、砂防ダムと呼ばれる土砂災害防止のための施設です

この工事の最後には高さ8.5m、幅42.5mの砂防堰堤が完成しました

この砂防堰堤が今後土砂災害から地域を守り続けてくれます

 

せっかくなのでこの工事で行った他の箇所も

工事を行ってどの様に変化したのかを見てみましょう(‘ω’)ノ

これでもう土砂災害が起こることの無い

安全な山へと生まれ変わりました(‘◇’)ゞ

 

さて、この工事では優秀な工事を行ったと認められ

優良工事表彰を受けている訳なのですが

当時担当してくれたカリスマ部長に話を聞いてみましょう(‘ω’)ノ

 

 

もう何年も前の話ですが、治山工事のことは覚えてますか?

もちろん覚えてます。大変だった現場です。

 

あの工事で大変だったことって何ですか?

一番大変だったのは、あの山に受け入れられることでした。

山で作業するとき、虫が寄ってくると集中できなくなってしまいます。

これでは注意力も散漫になり、安全第一の現場では大きな問題です。

 

確かに虫が寄って来て払いながらでは作業に集中できませんね。

では楽しかったことは何かありますか?

ニホンカモシカと睨み合いになった時ですね。

あとは山の尾根で亀に出会った時、「何故こんな所に!?」と

ビックリしたのがとても印象的でした。

 

ニホンカモシカは来てましたね!でもあんな山の頂上に亀ですか?!

それは確かにビックリしますね。

ところで完成した時に思ったこと、感じたことはありますか?

やり切ったなという達成感を感じました。

最初現場へ行った時、倒木と土砂で現場がどこか分からない状態でした。

そこから1年半かけて完成させた時は、やっぱり大きな達成感がありました。

 

それでは就職活動中の新卒学生さん達に一言お願いします!

今までの建設業は体力勝負なところや技術力が求められてきましたが、

まだまだ建設業は発展途上なので、新しい発想を持った若い世代の活躍が必要です。

なので学部、学科は関係ないと思います。

是非、柔軟な頭で建設業を変えていきましょう!!

 

確かに建設業はまだまだこれから変わっていく発展途上とも言える

正にこれからの業界なので、経験豊富なベテランさんと新しい視点を持った

若い世代が力を合わせれば、とても魅力的な業界になると思います。

ありがとうございます!!

 

 

さて、インタビューはいかがでしたでしょうか?

想像もしない回答が返ってくるところは流石カリスマ!!

と言わざるを得ませんね(;´∀`)

 

でもカリスマが話していた通り今の建設業はこれまでと違って

IT化が進み大きく変化していますし、これからも変化していきます

 

まさにこれからと言える業界なので、是非興味を持ってもらえたらなと思います

 

ちなみにこの工事は最初にもお伝えした通り

土砂災害が起こってしまった山を治す工事でした

 

この山のすぐふもとにお住まいの方も居て

自分の家の裏の山が崩れたということで不安だったのでしょう

その方に完成後に工事の完成を伝えると

 

「ありがとう!これで安心して暮らせるわぁ~(*´Д`)」

と喜んでもらえました

 

過去にカリスマ部長がつくった砂防堰堤やその他の構造物は

当然今も健在で、地域を守り続けてくれています

 

完成から数か月後の写真です

 

 

友進で「ずっと残る大きな仕事」をしよう!

安定性も成長性も高い建設業ってどんな仕事?

以外と知らない建設業について詳しく知れる説明会を開催中!!

 

自分の仕事が形となりずっと残り、地域を支え続ける

誰にでも自慢できる、自慢したくなる仕事です(‘◇’)ゞ

興味有る人は是非!興味ない人は業界研究の為に是非!!

 

会社説明会、見学にお越しください!!

 

2022年新卒の方

会社説明会へのエントリーはいずれかの説明会予定からエントリー

もしくは直接担当までご連絡ください

新卒採用ページへ

 

転職希望の方

上記の画像をクリックした先の一番したにある

お問合せフォームからお気軽にご連絡ください!!

 

 

 

いつも友進なぅ。をご愛読頂きありがとうございます!!

もう3月末、年度末ということで続々と工事が完了しています

 

こちらの工事は岐阜県発注の工事で

もうすぐ入社5年目を迎えるT君が担当してくれました

 

ちょっと分かりにくいですが、この工事は写真の通り

ブラックジャックの様に継ぎ接ぎになった舗装を打ち替える工事です

 

ここは以前に管を埋設したところで

影響部分だけを仮設の舗装を施しているので

この様になっています

 

これが工事完成後には・・・

こんなにも綺麗になりました!!

走行性も上がり快適な道路に生まれ変わりました(*´ω`*)

 

担当してくれたT君も大変良く頑張りました!!

 

今後も完成工事のお知らせをしていきたいと思いますので

是非、楽しみにしていてくださいね(‘ω’)ノ

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます

昨年は大変お世話になりました

 

本年もよろしくお願い致します<(_ _)>

 

コロナ禍での正月休みということで

なかなか例年通りとはいかなかったと思いますが

良いお正月は迎えられましたでしょうか?

 

全然出かけられなくて寝正月になってしまった!!

なんて話もちらほらと耳にしますが

 

そうは言っても年は明けました!!

2021年も張り切って行きましょう(‘◇’)ゞ

 

テニスコート人工芝撤去作業をしました!!

昨年お知らせした美濃加茂市発注工事の

前平公園テニスコート人工芝張替え工事ですが

 

いよいよ本格的に動き出しましたので報告です(‘ω’)ノ

前平公園テニスコートの人工芝張替え工事を行います!!

張替え作業をするにもまずは古い人工芝を撤去して

下地処理をしなければなりません

 

という訳で今回は人工芝の撤去作業を行いました

まずはネットやポールなどを全てどかして

真っ新な状態にします、普段から開放感を感じる

広いテニスコートが更に開放的になりました(*´ω`*)

 

そしてこれだけ広く張られた人工芝を

全てベロ~んと剥がすことは難しいので

 

剥がす前に1.2m間隔でカッターを入れていきます

専用のカッターを使ってどんどん切っていきます

ガイドも無しで真っ直ぐ切れる職人さんに感動しました(゚Д゚;)

 

カッターを入れた後はいよいよめくり作業に入りますが

この人工芝には砂が入っているので見た目よりも重く

人の手ではなかなか扱い難いものなのです

 

そこで登場したのがこちら

フォークリフトです(=゚ω゚)ノ

それも先端に何か付いていますね

 

このフォークリフトをどの様に使うのかというと

この様にコロコロと人工芝をロール状にしていきます(‘ω’)ノ

幅が広くならないようにまっすぐ転がして巻いていきます

 

そして真ん中までロール状にしたら

今度は反対側からも同じように巻いていきます

今度は両側から綺麗にロール状にされた人工芝を

運搬する為に1箇所にまとめるためにフォークリフトで運びます

人工芝を両側から巻いていたのは

フォークリフトの爪を差し込み持ち上げる為だったんですね(*´ω`)

 

ちなみにこの作業はカッターを入れた幅で

1レーン飛ばして行います

両側から人工芝の重みで巻き取りやすくする為です(=゚ω゚)ノ

 

1つ1つの作業でも色々な知恵が使われていて

職人さん方の経験を感じられますね

 

そうして人工芝が撤去されていくと

その下には透水性のアスファルトが出てきました

透水性のアスファルトは目が粗く

雨水が下へ浸透しやすい作りになっているので

水たまりが出来にくい舗装です(‘ω’)ノ

 

駐車場や高速道路などに多く使われていますね

 

こうして手際よくスピーディーに作業は行われ

全ての人工芝を剥がし終えました

剥がした人工芝の総重量はなんと約40t!!

 

40tと言われてピンとくる人も少ないと思うので

総重量40tとは一体どれだけ重たいのかを

解りやすく例えてみましょう(‘ω’)ノ

 

まず、約1.4tあると言われているキリンなら

40t÷1.4t=28.5頭分

0.8tもある獰猛なイリエワニなら

40t÷0.8t=50頭分

地上で最も重いと言われているアフリカゾウなら

40t÷8.5t=4.7頭分

そして今年は丑年ということで

この記事の一番最初の写真にも出てきた乳牛になると

40t÷0.65t=61.5頭分

それだけの重量の人工芝がテニスコートに張られています(‘ω’)ノ

 

ただ、この人工芝には最初にも話た通り

砂が入っているのでこれだけの重さになりました

並んだ所を見ると圧巻ですね(゚Д゚;)

上に登って跳ねてみたくなります

 

と、この様に前平公園のテニスコートは

綺麗で快適に使えるように生まれ変わる為に

順調に作業が進められています(‘ω’)ノ

 

完成までにはまだ時間がかかりますが

今しばらくお待ちください<(_ _)>

 

 

 

いつも友進なぅ。をご愛読頂き

誠にありがとうございます<(_ _)>

 

今回は工事のお知らせです

 

前平公園テニスコート

美濃加茂市前平町にあります

前平公園のテニスコートですが

 

利用者の方が更に快適に利用できるように

また、テニスコートの利用者が増えるように

人工芝の張替え工事を行います(‘◇’)ゞ

 

今回の工事では1~3番のコートが対象となっています

下の画像で赤く囲ってある方のコートです

今回、対象となったテニスコートを見てみると

やっぱりサーブをする場所等は特に劣化が激しいのか

その部分だけ張り替えた跡がありました

でも今回は全面張替えをすることになっていますので

工事完了後にはかなり快適に利用できると思います(*´ω`*)

 

なのでよく利用してくれている方々は是非とも楽しみに

利用したことが無い方は是非ともこれを期に

前平公園テニスコートを利用して頂けたらと思います(‘ω’)ノ

 

しかし、それに伴い利用が制限されてしまいますので

ご理解ご協力の程よろしくお願い致します<(_ _)>

予定としては2021年1月から工事を開始するので

12月中はご利用が可能です(=゚ω゚)ノ

 

工事期間中はご迷惑をお掛けしてしまいますが

工事終了後には新しく綺麗になった人工芝で

テニスが出来るということで

 

ご理解、ご協力の程よろしくお願い致します<(_ _)>

 

 

友進のinstagramをフォローしよう!!

友進で働く従業員の日常をinstagramで公開しています(‘ω’)ノ

 

友進の従業員は仕事が終わってから何をしているのか?

お昼休みや休憩中は何しているのか?

休日は何しているのか?

 

そんなことを写真でお伝えしております(*´ω`)

美濃加茂市近辺のグルメやオススメスポットを紹介する

グルメアカウントになりつつありますが

 

是非ともフォローお願いします(=゚ω゚)ノ

皆さんこんにちわ!!

いつも友進なぅ。をご愛読頂き有難うございます<(_ _)>

 

現在、友進では会社の近くにある

ぎふ清流里山公園の工事を請け負っていて

そこの現場で色々な取り組みをしているのですが

 

中でも僕が気になってしまったものを紹介したいと思います(‘ω’)ノ

 

 

スマホで使えるサーモグラフィー FLIR(フリアー)

僕がかなり気になって仕方なかったのが

こちらの小さな機械です(*´ω`*)

一体これは何なのかというと

物体が放射している赤外線を分析することで

熱の分布を可視化することができる

 

サーモグラフィーカメラです(*´▽`*)

このカメラはスマホに装着して使うのですが

まずは使用するスマホにアプリをダウンロードして

この赤外線カメラを装着することで

 

スマホの画面で熱の分布を確認することができる

とっても便利なアイテムなのです(*´▽`*)

これは凄いっ(゚Д゚;)‼

ちなみにこの写真の実際の写真はこちらです

当然、普通の写真では舗装のどこが熱いのか

どこが冷めているのかを目視で確認できないので

表面温度計などを使って温度を確認していました

↑表面温度計

 

でもこれでは測定した1部のポイントでしか

温度を確認することはできませんでしたが

 

このサーモグラフィーカメラを使う事で

舗設した舗装の温度をリアルタイムで把握できるので

温度管理が容易にできてしまいます(‘ω’)ノ

この画像を見てみると、舗装したばかりの所は

当然のこととしてかなりの高温になっていますが

左の方で転圧しているコンバインドローラーが通った所は

温度が下がっていることが分かりますね(*´ω`*)

 

舗装するうえでアスファルト合材の温度はとても重要で

敷きならす時の温度、1回目に転圧する時の温度

2回目に転圧する温度には基準が定められています

 

敷均し温度・・・110℃

初期転圧時・・・110℃~140℃

二次転圧時・・・70℃~90℃

 

この様に基準値が定められているので

サーモグラフィーカメラを活用して

 

「そこの温度下がってきたから転圧しよう!」

などと適格な指示を出すことができます(‘ω’)ノ

 

ちなみにこの現場ではマシンコントロールも活用して

自動追尾の測量機が4台並ぶという光景も見られました(*‘∀‘)

写真では分かり難いですが

4台全ての測量機がアスファルトフィニッシャーを見ています

 

アスファルトフィニッシャーに取り付けられたモニターには

設計の高さと斜面の勾配、そして現在の高さと勾配が表示されるのですが

高さの誤差は1mm、勾配は0.1%の誤差

かなり高い精度で施工ができています(‘◇’)ゞ

 

この現場の完成が楽しみになってきますね( *´艸`)

 

またこの現場の完成時には

このブログでもお知らせしたいと思いますので

期待して待っていてくださいね★

 

それではまたっ<(_ _)>

 

 

【2021年新卒採用情報】自慢できる仕事しませんか?

新しい仲間を随時募集していますヾ(´ε`*)ゝ

ブログに登場してくる愉快な仲間たちと

一緒に自慢したくなるような仕事をしませんかd(゚∀゚)b?

2021年新卒採用情報はこちらから確認してください

 

コロナウイルス感染症対策として

WEBでの会社説明会も行っております

お気軽にお問い合わせください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

名大社新卒ナビ2021|友進道路

 

皆さんこんにちわ(‘ω’)ノ

ようやく朝夕が涼しくなってきて

だんだん秋っぽくなってきましたね

 

今年の夏はコロナの影響で

プライベートもなかなか例年通りとはいかず

思い残すことの多い夏となりました(;´Д`)

 

社内でも早くコロナが落ち着いて

色々なイベントをしたいと話しています

 

さて、今回は河川維持工事の紹介です(‘◇’)ゞ

こちらの写真は美濃加茂市を流れる

加茂川の写真なのですが

 

川底から水が流入してしまって

この様に土が流されえぐれてしまいました

と、いう訳でここを復旧します(‘◇’)ゞ

その為に必要な“あるもの”を制作中です

何かに石を詰め込んでいるようですね( ゚Д゚)

 

一体何を作っているのでしょう?

持ち上げるとネットに石が入った・・・袋(;´・ω・)?

これをさっきの穴に入れるのでしょうか・・・?

全部で20体用意されました

 

実はこの石が入った袋というのは

「ボトルユニット」という護岸の洗堀防止など

多種多様用途を持った製品なのです(‘ω’)ノ

 

今回はこのボトルユニットを使って

土が川底から流入する水で流されないように設置しました

大型のクレーンで吊り上げ

ロープで引っ張りながら位置を決めて

慎重に設置していきます

 

これで川底からの流水防止

それから土の流出を防ぐ事ができるようになったので

 

穴を埋めて完了です(‘◇’)ゞ

この大きな穴が・・・

綺麗に無くなりましたね(*´ω`*)

 

色々な工種を見ていると

そこでは色々な工法が使われていたりと

見たこと無い光景を見ることが出来たり

 

色々なことが知れて、経験できて

とても楽しいですね(*´▽`*)

 

また今後も色々な製品や工法を紹介できればと思います

 

最後までお読みいただき

まことにありがとうございます<(_ _)>

 

それではまたっ(‘ω’)ノ

 

 

【2021年新卒採用情報】自慢できる仕事しませんか?

新しい仲間を随時募集していますヾ(´ε`*)ゝ

ブログに登場してくる愉快な仲間たちと

一緒に自慢したくなるような仕事をしませんかd(゚∀゚)b?

2021年新卒採用情報はこちらから確認してください

 

コロナウイルス感染症対策として

WEBでの会社説明会も行っております

お気軽にお問い合わせください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

名大社新卒ナビ2021|友進道路