友進はこれまで色々な工事に携わってきました

色々な工事があってどれも印象深い工事ばかりでしたが

 

僕が個人的に印象に残っているのがこの「治山工事」です

 

治山工事は友進のカリスマ部長が担当し

全行程でおよそ1年半かけて完成させました

 

この工事は土砂災害の被害に遭ってしまった山を

二度と崩れないように治すための工事でした

 

なので工事前の状態はなかなかひどいものでした(;´Д`)

これは現場の一部ですが、どこもこんな感じで崩れていました

 

この現場では山の急な斜面の資材運搬などで活躍する

モノレールも登場して活躍していました

これはなかなか男心をくすぐる何かがありました(*´ω`*)

 

こうしたモノレールの登場の他にも色々ありまして

ニホンカモシカの登場なんかもありましたw

この工事の見所としては何といっても堰堤です(‘ω’)ノ

砂防堰堤、砂防ダムと呼ばれる土砂災害防止のための施設です

この工事の最後には高さ8.5m、幅42.5mの砂防堰堤が完成しました

この砂防堰堤が今後土砂災害から地域を守り続けてくれます

 

せっかくなのでこの工事で行った他の箇所も

工事を行ってどの様に変化したのかを見てみましょう(‘ω’)ノ

これでもう土砂災害が起こることの無い

安全な山へと生まれ変わりました(‘◇’)ゞ

 

さて、この工事では優秀な工事を行ったと認められ

優良工事表彰を受けている訳なのですが

当時担当してくれたカリスマ部長に話を聞いてみましょう(‘ω’)ノ

 

 

もう何年も前の話ですが、治山工事のことは覚えてますか?

もちろん覚えてます。大変だった現場です。

 

あの工事で大変だったことって何ですか?

一番大変だったのは、あの山に受け入れられることでした。

山で作業するとき、虫が寄ってくると集中できなくなってしまいます。

これでは注意力も散漫になり、安全第一の現場では大きな問題です。

 

確かに虫が寄って来て払いながらでは作業に集中できませんね。

では楽しかったことは何かありますか?

ニホンカモシカと睨み合いになった時ですね。

あとは山の尾根で亀に出会った時、「何故こんな所に!?」と

ビックリしたのがとても印象的でした。

 

ニホンカモシカは来てましたね!でもあんな山の頂上に亀ですか?!

それは確かにビックリしますね。

ところで完成した時に思ったこと、感じたことはありますか?

やり切ったなという達成感を感じました。

最初現場へ行った時、倒木と土砂で現場がどこか分からない状態でした。

そこから1年半かけて完成させた時は、やっぱり大きな達成感がありました。

 

それでは就職活動中の新卒学生さん達に一言お願いします!

今までの建設業は体力勝負なところや技術力が求められてきましたが、

まだまだ建設業は発展途上なので、新しい発想を持った若い世代の活躍が必要です。

なので学部、学科は関係ないと思います。

是非、柔軟な頭で建設業を変えていきましょう!!

 

確かに建設業はまだまだこれから変わっていく発展途上とも言える

正にこれからの業界なので、経験豊富なベテランさんと新しい視点を持った

若い世代が力を合わせれば、とても魅力的な業界になると思います。

ありがとうございます!!

 

 

さて、インタビューはいかがでしたでしょうか?

想像もしない回答が返ってくるところは流石カリスマ!!

と言わざるを得ませんね(;´∀`)

 

でもカリスマが話していた通り今の建設業はこれまでと違って

IT化が進み大きく変化していますし、これからも変化していきます

 

まさにこれからと言える業界なので、是非興味を持ってもらえたらなと思います

 

ちなみにこの工事は最初にもお伝えした通り

土砂災害が起こってしまった山を治す工事でした

 

この山のすぐふもとにお住まいの方も居て

自分の家の裏の山が崩れたということで不安だったのでしょう

その方に完成後に工事の完成を伝えると

 

「ありがとう!これで安心して暮らせるわぁ~(*´Д`)」

と喜んでもらえました

 

過去にカリスマ部長がつくった砂防堰堤やその他の構造物は

当然今も健在で、地域を守り続けてくれています

 

完成から数か月後の写真です

 

 

友進で「ずっと残る大きな仕事」をしよう!

安定性も成長性も高い建設業ってどんな仕事?

以外と知らない建設業について詳しく知れる説明会を開催中!!

 

自分の仕事が形となりずっと残り、地域を支え続ける

誰にでも自慢できる、自慢したくなる仕事です(‘◇’)ゞ

興味有る人は是非!興味ない人は業界研究の為に是非!!

 

会社説明会、見学にお越しください!!

 

2022年新卒の方

会社説明会へのエントリーはいずれかの説明会予定からエントリー

もしくは直接担当までご連絡ください

新卒採用ページへ

 

転職希望の方

上記の画像をクリックした先の一番したにある

お問合せフォームからお気軽にご連絡ください!!

 

 

 

いつも友進なぅ。をご愛読頂きありがとうございます!!

もう3月末、年度末ということで続々と工事が完了しています

 

こちらの工事は岐阜県発注の工事で

もうすぐ入社5年目を迎えるT君が担当してくれました

 

ちょっと分かりにくいですが、この工事は写真の通り

ブラックジャックの様に継ぎ接ぎになった舗装を打ち替える工事です

 

ここは以前に管を埋設したところで

影響部分だけを仮設の舗装を施しているので

この様になっています

 

これが工事完成後には・・・

こんなにも綺麗になりました!!

走行性も上がり快適な道路に生まれ変わりました(*´ω`*)

 

担当してくれたT君も大変良く頑張りました!!

 

今後も完成工事のお知らせをしていきたいと思いますので

是非、楽しみにしていてくださいね(‘ω’)ノ

 

 

 

 

新年明けましておめでとうございます

昨年は大変お世話になりました

 

本年もよろしくお願い致します<(_ _)>

 

コロナ禍での正月休みということで

なかなか例年通りとはいかなかったと思いますが

良いお正月は迎えられましたでしょうか?

 

全然出かけられなくて寝正月になってしまった!!

なんて話もちらほらと耳にしますが

 

そうは言っても年は明けました!!

2021年も張り切って行きましょう(‘◇’)ゞ

 

テニスコート人工芝撤去作業をしました!!

昨年お知らせした美濃加茂市発注工事の

前平公園テニスコート人工芝張替え工事ですが

 

いよいよ本格的に動き出しましたので報告です(‘ω’)ノ

前平公園テニスコートの人工芝張替え工事を行います!!

張替え作業をするにもまずは古い人工芝を撤去して

下地処理をしなければなりません

 

という訳で今回は人工芝の撤去作業を行いました

まずはネットやポールなどを全てどかして

真っ新な状態にします、普段から開放感を感じる

広いテニスコートが更に開放的になりました(*´ω`*)

 

そしてこれだけ広く張られた人工芝を

全てベロ~んと剥がすことは難しいので

 

剥がす前に1.2m間隔でカッターを入れていきます

専用のカッターを使ってどんどん切っていきます

ガイドも無しで真っ直ぐ切れる職人さんに感動しました(゚Д゚;)

 

カッターを入れた後はいよいよめくり作業に入りますが

この人工芝には砂が入っているので見た目よりも重く

人の手ではなかなか扱い難いものなのです

 

そこで登場したのがこちら

フォークリフトです(=゚ω゚)ノ

それも先端に何か付いていますね

 

このフォークリフトをどの様に使うのかというと

この様にコロコロと人工芝をロール状にしていきます(‘ω’)ノ

幅が広くならないようにまっすぐ転がして巻いていきます

 

そして真ん中までロール状にしたら

今度は反対側からも同じように巻いていきます

今度は両側から綺麗にロール状にされた人工芝を

運搬する為に1箇所にまとめるためにフォークリフトで運びます

人工芝を両側から巻いていたのは

フォークリフトの爪を差し込み持ち上げる為だったんですね(*´ω`)

 

ちなみにこの作業はカッターを入れた幅で

1レーン飛ばして行います

両側から人工芝の重みで巻き取りやすくする為です(=゚ω゚)ノ

 

1つ1つの作業でも色々な知恵が使われていて

職人さん方の経験を感じられますね

 

そうして人工芝が撤去されていくと

その下には透水性のアスファルトが出てきました

透水性のアスファルトは目が粗く

雨水が下へ浸透しやすい作りになっているので

水たまりが出来にくい舗装です(‘ω’)ノ

 

駐車場や高速道路などに多く使われていますね

 

こうして手際よくスピーディーに作業は行われ

全ての人工芝を剥がし終えました

剥がした人工芝の総重量はなんと約40t!!

 

40tと言われてピンとくる人も少ないと思うので

総重量40tとは一体どれだけ重たいのかを

解りやすく例えてみましょう(‘ω’)ノ

 

まず、約1.4tあると言われているキリンなら

40t÷1.4t=28.5頭分

0.8tもある獰猛なイリエワニなら

40t÷0.8t=50頭分

地上で最も重いと言われているアフリカゾウなら

40t÷8.5t=4.7頭分

そして今年は丑年ということで

この記事の一番最初の写真にも出てきた乳牛になると

40t÷0.65t=61.5頭分

それだけの重量の人工芝がテニスコートに張られています(‘ω’)ノ

 

ただ、この人工芝には最初にも話た通り

砂が入っているのでこれだけの重さになりました

並んだ所を見ると圧巻ですね(゚Д゚;)

上に登って跳ねてみたくなります

 

と、この様に前平公園のテニスコートは

綺麗で快適に使えるように生まれ変わる為に

順調に作業が進められています(‘ω’)ノ

 

完成までにはまだ時間がかかりますが

今しばらくお待ちください<(_ _)>

 

 

 

いつも友進なぅ。をご愛読頂き

誠にありがとうございます<(_ _)>

 

今回は工事のお知らせです

 

前平公園テニスコート

美濃加茂市前平町にあります

前平公園のテニスコートですが

 

利用者の方が更に快適に利用できるように

また、テニスコートの利用者が増えるように

人工芝の張替え工事を行います(‘◇’)ゞ

 

今回の工事では1~3番のコートが対象となっています

下の画像で赤く囲ってある方のコートです

今回、対象となったテニスコートを見てみると

やっぱりサーブをする場所等は特に劣化が激しいのか

その部分だけ張り替えた跡がありました

でも今回は全面張替えをすることになっていますので

工事完了後にはかなり快適に利用できると思います(*´ω`*)

 

なのでよく利用してくれている方々は是非とも楽しみに

利用したことが無い方は是非ともこれを期に

前平公園テニスコートを利用して頂けたらと思います(‘ω’)ノ

 

しかし、それに伴い利用が制限されてしまいますので

ご理解ご協力の程よろしくお願い致します<(_ _)>

予定としては2021年1月から工事を開始するので

12月中はご利用が可能です(=゚ω゚)ノ

 

工事期間中はご迷惑をお掛けしてしまいますが

工事終了後には新しく綺麗になった人工芝で

テニスが出来るということで

 

ご理解、ご協力の程よろしくお願い致します<(_ _)>

 

 

友進のinstagramをフォローしよう!!

友進で働く従業員の日常をinstagramで公開しています(‘ω’)ノ

 

友進の従業員は仕事が終わってから何をしているのか?

お昼休みや休憩中は何しているのか?

休日は何しているのか?

 

そんなことを写真でお伝えしております(*´ω`)

美濃加茂市近辺のグルメやオススメスポットを紹介する

グルメアカウントになりつつありますが

 

是非ともフォローお願いします(=゚ω゚)ノ

皆さんこんにちわ!!

いつも友進なぅ。をご愛読頂き有難うございます<(_ _)>

 

現在、友進では会社の近くにある

ぎふ清流里山公園の工事を請け負っていて

そこの現場で色々な取り組みをしているのですが

 

中でも僕が気になってしまったものを紹介したいと思います(‘ω’)ノ

 

 

スマホで使えるサーモグラフィー FLIR(フリアー)

僕がかなり気になって仕方なかったのが

こちらの小さな機械です(*´ω`*)

一体これは何なのかというと

物体が放射している赤外線を分析することで

熱の分布を可視化することができる

 

サーモグラフィーカメラです(*´▽`*)

このカメラはスマホに装着して使うのですが

まずは使用するスマホにアプリをダウンロードして

この赤外線カメラを装着することで

 

スマホの画面で熱の分布を確認することができる

とっても便利なアイテムなのです(*´▽`*)

これは凄いっ(゚Д゚;)‼

ちなみにこの写真の実際の写真はこちらです

当然、普通の写真では舗装のどこが熱いのか

どこが冷めているのかを目視で確認できないので

表面温度計などを使って温度を確認していました

↑表面温度計

 

でもこれでは測定した1部のポイントでしか

温度を確認することはできませんでしたが

 

このサーモグラフィーカメラを使う事で

舗設した舗装の温度をリアルタイムで把握できるので

温度管理が容易にできてしまいます(‘ω’)ノ

この画像を見てみると、舗装したばかりの所は

当然のこととしてかなりの高温になっていますが

左の方で転圧しているコンバインドローラーが通った所は

温度が下がっていることが分かりますね(*´ω`*)

 

舗装するうえでアスファルト合材の温度はとても重要で

敷きならす時の温度、1回目に転圧する時の温度

2回目に転圧する温度には基準が定められています

 

敷均し温度・・・110℃

初期転圧時・・・110℃~140℃

二次転圧時・・・70℃~90℃

 

この様に基準値が定められているので

サーモグラフィーカメラを活用して

 

「そこの温度下がってきたから転圧しよう!」

などと適格な指示を出すことができます(‘ω’)ノ

 

ちなみにこの現場ではマシンコントロールも活用して

自動追尾の測量機が4台並ぶという光景も見られました(*‘∀‘)

写真では分かり難いですが

4台全ての測量機がアスファルトフィニッシャーを見ています

 

アスファルトフィニッシャーに取り付けられたモニターには

設計の高さと斜面の勾配、そして現在の高さと勾配が表示されるのですが

高さの誤差は1mm、勾配は0.1%の誤差

かなり高い精度で施工ができています(‘◇’)ゞ

 

この現場の完成が楽しみになってきますね( *´艸`)

 

またこの現場の完成時には

このブログでもお知らせしたいと思いますので

期待して待っていてくださいね★

 

それではまたっ<(_ _)>

 

 

【2021年新卒採用情報】自慢できる仕事しませんか?

新しい仲間を随時募集していますヾ(´ε`*)ゝ

ブログに登場してくる愉快な仲間たちと

一緒に自慢したくなるような仕事をしませんかd(゚∀゚)b?

2021年新卒採用情報はこちらから確認してください

 

コロナウイルス感染症対策として

WEBでの会社説明会も行っております

お気軽にお問い合わせください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

名大社新卒ナビ2021|友進道路

 

皆さんこんにちわ(‘ω’)ノ

ようやく朝夕が涼しくなってきて

だんだん秋っぽくなってきましたね

 

今年の夏はコロナの影響で

プライベートもなかなか例年通りとはいかず

思い残すことの多い夏となりました(;´Д`)

 

社内でも早くコロナが落ち着いて

色々なイベントをしたいと話しています

 

さて、今回は河川維持工事の紹介です(‘◇’)ゞ

こちらの写真は美濃加茂市を流れる

加茂川の写真なのですが

 

川底から水が流入してしまって

この様に土が流されえぐれてしまいました

と、いう訳でここを復旧します(‘◇’)ゞ

その為に必要な“あるもの”を制作中です

何かに石を詰め込んでいるようですね( ゚Д゚)

 

一体何を作っているのでしょう?

持ち上げるとネットに石が入った・・・袋(;´・ω・)?

これをさっきの穴に入れるのでしょうか・・・?

全部で20体用意されました

 

実はこの石が入った袋というのは

「ボトルユニット」という護岸の洗堀防止など

多種多様用途を持った製品なのです(‘ω’)ノ

 

今回はこのボトルユニットを使って

土が川底から流入する水で流されないように設置しました

大型のクレーンで吊り上げ

ロープで引っ張りながら位置を決めて

慎重に設置していきます

 

これで川底からの流水防止

それから土の流出を防ぐ事ができるようになったので

 

穴を埋めて完了です(‘◇’)ゞ

この大きな穴が・・・

綺麗に無くなりましたね(*´ω`*)

 

色々な工種を見ていると

そこでは色々な工法が使われていたりと

見たこと無い光景を見ることが出来たり

 

色々なことが知れて、経験できて

とても楽しいですね(*´▽`*)

 

また今後も色々な製品や工法を紹介できればと思います

 

最後までお読みいただき

まことにありがとうございます<(_ _)>

 

それではまたっ(‘ω’)ノ

 

 

【2021年新卒採用情報】自慢できる仕事しませんか?

新しい仲間を随時募集していますヾ(´ε`*)ゝ

ブログに登場してくる愉快な仲間たちと

一緒に自慢したくなるような仕事をしませんかd(゚∀゚)b?

2021年新卒採用情報はこちらから確認してください

 

コロナウイルス感染症対策として

WEBでの会社説明会も行っております

お気軽にお問い合わせください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

名大社新卒ナビ2021|友進道路

 

 

皆さんこんにちわ(‘ω’)ノ

いつもご愛読頂き本当にありがとうございます!!

 

先日は美濃加茂市蜂屋町で行った

道路の拡幅工事完成の報告をさせて頂きましたが

ご覧いただけたでしょうか?

美濃加茂市蜂屋町の道路改良工事が完成しました!

今回は美濃加茂市古井町にある塚渡陸橋という道路橋の

耐震補強工事完成のご報告です(‘◇’)ゞ

 

今回の工事はこのブログでも以前に紹介しましたが

橋脚と呼ばれる橋を支える脚をコンクリートで補強し

耐震強度を上げることを目的とした工事です

美濃加茂市の耐震補強工事やってます

その為にまず最初に舗装をめくり、土を掘り

橋脚の全てを出さなければなりません

掘ってみるとこの様な感じになります

 

土木や建設に携わった事のない人からすると

ちょっと大げさに掘っていると思われるかもしれませんが

これは作業スペースを確保する為に大きく掘っているのです(‘◇’)ゞ

 

これを「余掘り(よぼり)」と言います(‘ω’)ノ

 

ちなみに余掘りは橋脚に限ったことではなく

他の構造物でも同じように余掘りをします

この様に側溝を設置するときも同様に

余掘りを行い、設置作業終了後に余掘り部分を埋めます

 

今回の橋脚耐震補強工事で行った大きな余掘りも

全て綺麗に埋め戻して、しっかりと締め固めてから

最後は綺麗に舗装をして完了となりました

 

と、いう訳で完成した橋脚をご覧ください(‘ω’)ノ

工事する前の橋脚はこんな感じでした

写真ではちょっと分かり難いですが

この橋脚には鉄筋を組み立て、コンクリートを

25cmの厚みで覆ったような感じなので

 

施工前と比較すると格段にたくましくなっています(‘◇’)ゞ

↑これが・・・

こうなりました(‘ω’)ノ

たくましく美しくなりましたね(*´ω`*)

 

ちなみに今回の工事で使用した鉄筋の総重量は約3.6t

 

単位がトンまでいってしまうと

なかなか想像もし難くなってしまいますね( ゚Д゚)

 

と言う訳で3.6tの例えを並べてみました(‘◇’)ゞ

 ペットボトル飲料(500ml) ・・・ 7,200本分
 成人男性(65kg) ・・・ 約55人分
 牛乳(1,000ml) ・・・ 3,600本分
 ピカチュウ ・・・ 600匹分
 1万円札 ・・・ 360億円分


イメージできましたか(´▽`)?

ちなみに360億円を積み上げると360mの

1万円タワーが出来上がります

 

・・・また迷走してしまいそうなので

例えはこのくらいにしておきたいと思います(;´・ω・)

 

さて、昨年のクリスマス頃から始まった

この塚渡陸橋の耐震補強工事も終わりましたが

友進道路ではまだいくつも工事を請け負っています

 

これから始まる工事もいくつかありますので

今後もこのブログで報告できればと思っています

 

楽しみにしていてくださいね(=゚ω゚)ノ★

 

 

【2021年新卒採用情報】自慢できる仕事しませんか?

新しい仲間を随時募集していますヾ(´ε`*)ゝ

ブログに登場してくる愉快な仲間たちと

一緒に自慢したくなるような仕事をしませんかd(゚∀゚)b?

2021年新卒採用情報はこちらから確認してください

 

コロナウイルス感染症対策として

WEBでの会社説明会も行っております

お気軽にお問い合わせください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

名大社新卒ナビ2021|友進道路

 

 

こんにちわ(‘ω’)ノ

いつも友進なぅ。をご愛読頂きありがとうございます<(_ _)>

 

今年の3月から始まった美濃加茂市発注の

道路改良工事が完了を迎えましたので

今回はその報告です(‘◇’)ゞ

 

今回の工事は美濃加茂市蜂屋町にある道路を

拡幅するという工事でした

赤く線を引いてある所が今回の工事現場は

美濃加茂インターを降りてすぐの場所にあります

 

この工事は先ほども話した通り

道路を拡幅するという改良工事だった訳ですが・・・

ご覧の通り道路右側には建物があり

左側には山がありますのでこの道路を広くしようと思ったら

当然、山を削るしかありません

 

その結果、こうなりました

写真でこの迫力が伝わらないのが残念ですが

高さもかなりあるので、近くで見ると大迫力です(゚Д゚;)

 

ちなみにこの削られた斜面をよく見ると

何段にもなっているのが分かりますね

 

こういった山を削る作業等では

1段当りの高さに制限が決められていて

その最大が7mです(‘ω’)ノ

 

何故こういった最大の高さが決められているのかというと

それは崩れてしまう危険性を考慮した上で

安全を確保できる高さが7mだった

 

ということです(‘ω’)

 

僕の説明で理解できたかどうか

とても不安ですが、今回の工事も

7m以下の高さになっています

この写真は僕が見に行った時に

あまりの存在感についつい撮影してしまったもので

担当者によるとこの断層は「互層」と呼ばれるものだそうです

 

調べてみると互層とは岩質の違う単層が交互に繰り返し

重なりあっているような状態を指すらしいのですが

 

これも互層と呼ばれるのだそうです

 

にしてもこの現場を見ていると思ってしまうのが

よくここまで綺麗に削れるもんだなぁということです(゚Д゚;)

 

重機に乗れない僕からすると

こういった所を見ると不思議でなりませんし

ただただ眺めて感心するばかりです(;´Д`)

 

その答えという訳ではありませんが、この現場では

この様にして確認しながら作業していたそうです

さて、これらの写真を見て「これで完成!?途中じゃないの?!」

と思った人は多いんじゃないでしょうか(‘ω’)?

 

でもこれで完成なんです(´艸`*)

 

実はこの工事は続きが発注されていて

今回の工事としては終了ですが、ここからまた

道路らしくなっていきます、次が最後です(‘ω’)ノ

 

そして次の工事も友進道路が請け負いましたので

今後、この道路がここからどうなっていくのかなどを

 

このブログでもお伝え出来ればと思います(´艸`*)

 

他にも完了した工事やこれから始まる工事についても

今後のブログで紹介していきたいと思いますので

是非、楽しみにしていてくださいね(‘ω’)ノ

 

それではまたっ!!

 

 

【2021年新卒採用情報】自慢できる仕事しませんか?

新しい仲間を随時募集していますヾ(´ε`*)ゝ

ブログに登場してくる愉快な仲間たちと

一緒に自慢したくなるような仕事をしませんかd(゚∀゚)b?

2021年新卒採用情報はこちらから確認してください

 

コロナウイルス感染症対策として

WEBでの会社説明会も行っております

お気軽にお問い合わせください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

名大社新卒ナビ2021|友進道路

 

皆さんこんにちわ(‘ω’)ノ

いつも友進なぅ。をご愛読頂きありがとうございます<(_ _)>

 

このブログでも過去に紹介していた

あのカッコイイ最新型の重機「ボブキャット」ですが

アタッチメントで色々出来るということ・・・

 

覚えてますか?(´艸`*)

ボブキャット!!新型重機を導入しましたよっ!!

ボブキャットは豊富なアタッチメントにより

色々な作業で活躍することが出来てしまう

とってもマルチな才能を持った子です(*´▽`*)

 

そんなボブちゃんがこんな活躍をしていました!!

なんとボブキャットが草刈りをしていますΣ(゚Д゚)

しかもめちゃくちゃ早いんです!!

 

1日に約35,000㎡もの広さを刈ることができます!!

 

もちろん現場状況によって変わってしまいますが

かなり広い範囲の草刈りをすることができます(‘◇’)ゞ

 

あまりの速さにバッタも慌てて飛び立っています

とは言ってもいきなり35,000㎡!!なんて言われても

「あ~、こんなもんかな。」なんてイメージできる人は

あんまり居ないと思います(;´・ω・)

 

という訳で分かりやすい比較対象を探してみました(‘◇’)ゞ

調べてみたところ、東京スカイツリーの建築面積は約2,000㎡

なので、ボブキャット1台で東京スカイツリーが約17本並んだ面積を

1日で草刈り出来てしまう!!という訳です(‘ω’)ノ

 

ちなみに東京スカイツリーの施設全体の敷地面積は

36,844㎡ということなので、1日では難しそうですが

2日目の作業は数十分で完了してしまう速さです(*´ω`*)

参考:wikipedia東京スカイツリータウンマップ

 

とは言っても実際に東京スカイツリーを見たことが無い方からすると

イメージするのも難しいですよね・・・僕も全くです。

 

という訳でもっと身近なもので考えてみました

iPhone 11です

 

iPhone 11のサイズを調べてみると

幅75.7mm、高さ150.9mm、厚さ8.3mm

1台当り0.01142313㎡となるので

 

35,000㎡という広さをiPhone11で敷き詰めるには

約3,063,959台必要になります

 

当たり前ですがトンデモナイ数です(゚Д゚;)

 

友進道路の従業員約50名総出で

1時間置きに1台ずつ毎日破壊していっても全て壊しきるには

約21年もかかってしまいます(;´Д`)

 

ちなみに厚さ8.3mmのiPhone11を3,063,959台積み上げると

約25,430mもの高さになります

スカイツリー約40本分です(゚Д゚;)

※草刈り機の裏側

 

もう何の話をしているのかわからなくなってきたので

ボブキャットの草刈り能力は凄い!!という事だけ

覚えて頂けたらと思います<(_ _)>

 

それではまた!!

 

 

【2021年新卒採用情報】自慢できる仕事しませんか?

新しい仲間を随時募集していますヾ(´ε`*)ゝ

ブログに登場してくる愉快な仲間たちと

一緒に自慢したくなるような仕事をしませんかd(゚∀゚)b?

2021年新卒採用情報はこちらから確認してください

 

コロナウイルス感染症対策として

WEBでの会社説明会も行っております

お気軽にお問い合わせください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

名大社新卒ナビ2021|友進道路

 

 

皆さんこんにちわ(‘ω’)ノ

先週の大雨は凄かったですね

 

美濃加茂市も大雨の影響を受けて

床下浸水や倒木、木曽川緑地ライン公園や

化石林公園は木曽川の増水により水没してしまいました

 

以前、このブログでも紹介した

富加町の公園でも倒木がありました

川浦川公園工事と岐阜城

あんなに綺麗に完成した公園も

倒木があっては危なくて遊びに行けません(;´Д`)

 

友進道路では河川維持を請け負っているので

こういった災害時の復旧や応急作業もしています

ということで出動です(‘◇’)ゞ

大きな木なので、運搬可能な大きさに

チェーンソーを使って切ってから運びました

 

この作業は先週の大雨の被害の一部です

他にも被害箇所の復旧作業はありますので

今後も復旧作業は続きます

 

皆さん気を付けて作業してください(‘◇’)ゞ

 

 

【2021年新卒採用情報】自慢できる仕事しませんか?

新しい仲間を随時募集していますヾ(´ε`*)ゝ

ブログに登場してくる愉快な仲間たちと

一緒に自慢したくなるような仕事をしませんかd(゚∀゚)b?

2021年新卒採用情報はこちらから確認してください

 

コロナウイルス感染症対策として

WEBでの会社説明会も行っております

お気軽にお問い合わせください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

名大社新卒ナビ2021|友進道路