皆さんこんにちわ!!

いつも友進なぅ。をご愛読頂き有難うございます<(_ _)>

 

現在、友進道路では会社の近くにある

ぎふ清流里山公園の工事を請け負っていて

そこの現場で色々な取り組みをしているのですが

 

中でも僕が気になってしまったものを紹介したいと思います(‘ω’)ノ

 

スマホで使えるサーモグラフィー FLIR(フリアー)

僕がかなり気になって仕方なかったのが

こちらの小さな機械です(*´ω`*)

一体これは何なのかというと

物体が放射している赤外線を分析することで

熱の分布を可視化することができる

 

サーモグラフィーカメラです(*´▽`*)

このカメラはスマホに装着して使うのですが

まずは使用するスマホにアプリをダウンロードして

この赤外線カメラを装着することで

 

スマホの画面で熱の分布を確認することができる

とっても便利なアイテムなのです(*´▽`*)

これは凄いっ(゚Д゚;)‼

ちなみにこの写真の実際の写真はこちらです

当然、普通の写真では舗装のどこが熱いのか

どこが冷めているのかを目視で確認できないので

表面温度計などを使って温度を確認していました

↑表面温度計

 

でもこれでは測定した1部のポイントでしか

温度を確認することはできませんでしたが

 

このサーモグラフィーカメラを使う事で

舗設した舗装の温度をリアルタイムで把握できるので

温度管理が容易にできてしまいます(‘ω’)ノ

この画像を見てみると、舗装したばかりの所は

当然のこととしてかなりの高温になっていますが

左の方で転圧しているコンバインドローラーが通った所は

温度が下がっていることが分かりますね(*´ω`*)

 

舗装するうえでアスファルト合材の温度はとても重要で

敷きならす時の温度、1回目に転圧する時の温度

2回目に転圧する温度には基準が定められています

 

敷均し温度・・・110℃

初期転圧時・・・110℃~140℃

二次転圧時・・・70℃~90℃

 

この様に基準値が定められているので

サーモグラフィーカメラを活用して

 

「そこの温度下がってきたから転圧しよう!」

などと適格な指示を出すことができます(‘ω’)ノ

 

ちなみにこの現場ではマシンコントロールも活用して

自動追尾の測量機が4台並ぶという光景も見られました(*‘∀‘)

写真では分かり難いですが

4台全ての測量機がアスファルトフィニッシャーを見ています

 

アスファルトフィニッシャーに取り付けられたモニターには

設計の高さと斜面の勾配、そして現在の高さと勾配が表示されるのですが

高さの誤差は1mm、勾配は0.1%の誤差

かなり高い精度で施工ができています(‘◇’)ゞ

 

この現場の完成が楽しみになってきますね( *´艸`)

 

またこの現場の完成時には

このブログでもお知らせしたいと思いますので

期待して待っていてくださいね★

 

それではまたっ<(_ _)>

 

 

【2021年新卒採用情報】自慢できる仕事しませんか?

新しい仲間を随時募集していますヾ(´ε`*)ゝ

ブログに登場してくる愉快な仲間たちと

一緒に自慢したくなるような仕事をしませんかd(゚∀゚)b?

2021年新卒採用情報はこちらから確認してください

 

コロナウイルス感染症対策として

WEBでの会社説明会も行っております

お気軽にお問い合わせください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

名大社新卒ナビ2021|友進道路