道路工事は大きく分けて3種類に分類されます

・道路維持修繕工事

・道路改良工事

・道路新設工事

 

今この中で多いのが維持修繕工事や道路改良工事といった

既にある道路を維持したりより良い道路にしたりと

改善を目的とした工事です

 

道路を1からつくる道路新設工事は多くはありませんが

何もない所から道路をつくるという、正に

 

「地図を変える仕事」です

 

今回は山を切り開き道路をつくった

道路新設工事のお話です(‘◇’)ゞ

 

 

この工事は何もないところから道をつくる

国が発注して八百津町の山で行われた道路新設工事です

 

山を切り開いて道をつくっていく訳なので

削って運ぶ土の量はとてつも無い量になると思いますが

工事が始まったばかりの頃はこんな感じでした

伐採されていますが、道はありませんね

せっかくなのでほぼ同じ位置から撮影された写真で

この現場の変化していく様子を見てみましょう

 

次の写真の車が止まっている左側にある

削られた斜面の高さと、奥の方に注目してみると

 

山が削られ道が出来ていく様子がよくわかるかと思います

如何でしたでしょうか(*´ω`*)?

 

最初に車があった高さがずいぶん高い位置になって

奥の方へと道が続きました、物凄い変貌を遂げましたね(;´∀`)

 

同じ角度から撮影していませんが

最終的にはこんな感じになりました

 

さて、それではお待ちかね!!

この工事を担当してくれたKさんに色々聞いてみましょう!!

 

 

 

国土交通省の工事ということで規模も大きく
大変な工事だったと思いますが、この工事で大変だった事は何ですか?

土の移動が50,00m3以上あり、土の質によって
土の量が大きく変わってしまうので、土量の調整が大変でした。

 

50,000m3ですか。。。多すぎてイメージできませんね(;´Д`)
ではこの工事をやっていく中で、楽しかったことってありますか?

楽しかったこと?・・・楽しかったこと???
現場事務所裏手にあったお店ですごい大盛の「天ぷら定食」を食べきったことかな?

 

写真で見ましたけどあの量はかなりのものですねw
是非今度、フードファイター2人とバカ盛りにチャレンジして下さい!(※参考)
では工事が完成して感じたことや思ったことはありますか?

正直、終わったという安心感が強かったですね。
山を切り開いたという事で完成した時は感動しました。
一緒に頑張ってもらった同僚、下請けさんに感謝しかありません。

 

50,000m3もの土を動かして切り開いた道ですもんね!
僕も現場を見に行った時にビックリしました(;´∀`)
それではKさん!いきなりですが施工管理の大変なことはなんですか?

日々天候により現場状況が変わってきます。
1か月先を見越して計画する事が大変ですね。

 

現場のスケジュール管理は大変そうですね(;´Д`)
時期によっては天気予報とにらめっこが続きそうです。
では施工管理という仕事の魅力ってなんですか?

上記で述べたように先を見越して計画して
その通り実施できた時はしてやったりと笑みを浮かべました。
経験をつんでいくと自分で現場を計画を立てるので
責任感は重くのしかかってきますが
達成感は他の業種と比べ物になりません!

「計画通り( *´艸`)」とニヤニヤしているKさんが思い浮かびますw
確かに将来的にはKさんの様に自分で計画を立てて工事を管理するので
責任感は大きな仕事ですが、後世に残る偉大な仕事ですよね!
それでは最後に就職活動中の学生さんへ一言お願いします!

近年の建設業はICT導入で10年前と比べると
現場の状況、管理方法がかなり変わってきたと思います。
また「モノ」を作ることに関しては他の業界とは規模の違った
「大きなモノ」を作ることが出来ます。
昔からよく言いましたが、現場は「生きています。」
同じ工事は全くありません。
共に学び、共に進みましょう。(友進とかけました………)

Kさんありがとうございました!!
いつも家庭内での自虐ネタで笑わせてくれるKさんですが
ME(社会基盤メンテナンスエキスパート)の認定を受けている
とてつもなく凄い人なんです!!
そんなKさんでも、まだまだ学び成長する意志!!見習わなきゃですね(;´∀`)

 

この工事は最後の写真を見てわかるように

まだまだ今後も舗装等の工事が行われていきます

 

最終的にはこちら側の山から向こう側への橋がつくられ

道路が開通することになっていますが

まだまだ何年も先の話です

 

何年も複数の企業がこの道路をつくり繋いでいく

 

なんと素敵なんでしょう( *´艸`)

「未来に繋ぐ新しい道」ロマンを感じますね!!

 

道路が開通したら、あの時あんな事があった

あそこはこうだったなんて話ながらドライブするのもまた

今後の大きな楽しみになりそうですね(*´ω`*)

最終地点の写真です

 

 

 

友進で「ずっと残る大きな仕事」をしよう!

安定性も成長性も高い建設業ってどんな仕事?

以外と知らない建設業について詳しく知れる説明会を開催中!!

 

自分の仕事が形となりずっと残り、地域を支え続ける

誰にでも自慢できる、自慢したくなる仕事です(‘◇’)ゞ

興味有る人は是非!興味ない人は業界研究の為に是非!!

 

会社説明会、見学にお越しください!!

 

2022年新卒の方

会社説明会へのエントリーはいずれかの説明会予定からエントリー

もしくは直接担当までご連絡ください

新卒採用ページへ

 

転職希望の方

上記の画像をクリックした先の一番したにある

お問合せフォームからお気軽にご連絡ください!!

 

 

友進はこれまで色々な工事に携わってきました

色々な工事があってどれも印象深い工事ばかりでしたが

 

僕が個人的に印象に残っているのがこの「治山工事」です

 

治山工事は友進のカリスマ部長が担当し

全行程でおよそ1年半かけて完成させました

 

この工事は土砂災害の被害に遭ってしまった山を

二度と崩れないように治すための工事でした

 

なので工事前の状態はなかなかひどいものでした(;´Д`)

これは現場の一部ですが、どこもこんな感じで崩れていました

 

この現場では山の急な斜面の資材運搬などで活躍する

モノレールも登場して活躍していました

これはなかなか男心をくすぐる何かがありました(*´ω`*)

 

こうしたモノレールの登場の他にも色々ありまして

ニホンカモシカの登場なんかもありましたw

この工事の見所としては何といっても堰堤です(‘ω’)ノ

砂防堰堤、砂防ダムと呼ばれる土砂災害防止のための施設です

この工事の最後には高さ8.5m、幅42.5mの砂防堰堤が完成しました

この砂防堰堤が今後土砂災害から地域を守り続けてくれます

 

せっかくなのでこの工事で行った他の箇所も

工事を行ってどの様に変化したのかを見てみましょう(‘ω’)ノ

これでもう土砂災害が起こることの無い

安全な山へと生まれ変わりました(‘◇’)ゞ

 

さて、この工事では優秀な工事を行ったと認められ

優良工事表彰を受けている訳なのですが

当時担当してくれたカリスマ部長に話を聞いてみましょう(‘ω’)ノ

 

 

もう何年も前の話ですが、治山工事のことは覚えてますか?

もちろん覚えてます。大変だった現場です。

 

あの工事で大変だったことって何ですか?

一番大変だったのは、あの山に受け入れられることでした。

山で作業するとき、虫が寄ってくると集中できなくなってしまいます。

これでは注意力も散漫になり、安全第一の現場では大きな問題です。

 

確かに虫が寄って来て払いながらでは作業に集中できませんね。

では楽しかったことは何かありますか?

ニホンカモシカと睨み合いになった時ですね。

あとは山の尾根で亀に出会った時、「何故こんな所に!?」と

ビックリしたのがとても印象的でした。

 

ニホンカモシカは来てましたね!でもあんな山の頂上に亀ですか?!

それは確かにビックリしますね。

ところで完成した時に思ったこと、感じたことはありますか?

やり切ったなという達成感を感じました。

最初現場へ行った時、倒木と土砂で現場がどこか分からない状態でした。

そこから1年半かけて完成させた時は、やっぱり大きな達成感がありました。

 

それでは就職活動中の新卒学生さん達に一言お願いします!

今までの建設業は体力勝負なところや技術力が求められてきましたが、

まだまだ建設業は発展途上なので、新しい発想を持った若い世代の活躍が必要です。

なので学部、学科は関係ないと思います。

是非、柔軟な頭で建設業を変えていきましょう!!

 

確かに建設業はまだまだこれから変わっていく発展途上とも言える

正にこれからの業界なので、経験豊富なベテランさんと新しい視点を持った

若い世代が力を合わせれば、とても魅力的な業界になると思います。

ありがとうございます!!

 

 

さて、インタビューはいかがでしたでしょうか?

想像もしない回答が返ってくるところは流石カリスマ!!

と言わざるを得ませんね(;´∀`)

 

でもカリスマが話していた通り今の建設業はこれまでと違って

IT化が進み大きく変化していますし、これからも変化していきます

 

まさにこれからと言える業界なので、是非興味を持ってもらえたらなと思います

 

ちなみにこの工事は最初にもお伝えした通り

土砂災害が起こってしまった山を治す工事でした

 

この山のすぐふもとにお住まいの方も居て

自分の家の裏の山が崩れたということで不安だったのでしょう

その方に完成後に工事の完成を伝えると

 

「ありがとう!これで安心して暮らせるわぁ~(*´Д`)」

と喜んでもらえました

 

過去にカリスマ部長がつくった砂防堰堤やその他の構造物は

当然今も健在で、地域を守り続けてくれています

 

完成から数か月後の写真です

 

 

友進で「ずっと残る大きな仕事」をしよう!

安定性も成長性も高い建設業ってどんな仕事?

以外と知らない建設業について詳しく知れる説明会を開催中!!

 

自分の仕事が形となりずっと残り、地域を支え続ける

誰にでも自慢できる、自慢したくなる仕事です(‘◇’)ゞ

興味有る人は是非!興味ない人は業界研究の為に是非!!

 

会社説明会、見学にお越しください!!

 

2022年新卒の方

会社説明会へのエントリーはいずれかの説明会予定からエントリー

もしくは直接担当までご連絡ください

新卒採用ページへ

 

転職希望の方

上記の画像をクリックした先の一番したにある

お問合せフォームからお気軽にご連絡ください!!